【初心者必見】「プロテイン」って結局なんなの?

栄養・サプリメント

「プロテイン」という単語を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

最近はフィットネスブーム、健康志向の高まりもあって食事や栄養に気を使っている方が増えています。

 

お手軽に栄養を摂取出来るサプリメントなどを求めるのは自然な流れかと思います。

 

その中でもプロテインは比較的知名度もあって、タンパク質が効率的に摂取出来ることもあり、トレーニングする人が摂取するサプリメントの代名詞になっています。

 

ですが、プロテインのイメージというと

「飲むだけで筋肉がつくんでしょ?」

「なんか怪しい薬だろ笑」

など誤解されている側面もあります。

そこで!プロテインて結局なんなの?という方にプロテインについて紹介したいと思います。

 

プロテインてなに?

「プロテイン」という単語自体はタンパク質のことですが、
ここで言うプロテインは食物からタンパク質を抽出して粉末状にしたプロテインパウダーのことを指します。

つまり、「粉末状のタンパク質」です。

決して怪しいものではありません。

本当です。

 

何でプロテインを飲むの?

「タンパク質なら食物から摂ればいいじゃん」

なぜあえてプロテインを飲むのか?

答えはひとつ、メリットがたくさんあるからです。

 

・余計なものを含まない

タンパク質が豊富な食べ物というと、肉・魚・卵・乳製品などが代表的です。

ですが、それらにはタンパク質と共に脂質も含まれています。

タンパク質を多く摂ろうとたくさん食べると、その分脂質もたくさん摂ってしまうことになります。

プロテインであれば、脂質を抑えながらタンパク質を摂ることが出来ます。

 

・お手軽にタンパク質を摂れる

食物からタンパク質を摂ろうとすると、当然調理が必要になります。

焼いたり、炒めたり、茹でたり…どうしても時間と手間がかかります。

料理好きな人は別として、殆どの人(僕も)は出来れば避けたいはずです。

 

そんなあなたにプロテイン!

 

プロテインであれば、水などに溶かしてシェイカーでシャカシャカ楽しんでいる間に出来上がり。

あとは飲むだけ。(後片付けはありますが…)

 

さらにプロテインなら持ち運ぶことも容易です。

職場などでタンパク質補給したい方にもピッタリ!
(そんなこと出来る職場じゃねーよ!という声が聞こえてきそう…)

 

・消化も早く、胃に優しい

プロテインは消化吸収が早いので、トレーニング前後のタンパク質摂取にも有効です。

トレーニングが終わってすぐにステーキなんて食べれませんよね。
(僕はいけます)

 

トレーニング後30分間はゴールデンタイムと言われ、いかにこのタイミングでタンパク質を摂取出来るかが筋肉作りのカギになります。

つまり、トレーニング直後に食事をしても消化に2~3時間はかかるので間に合いません。
そこでプロテイン!

プロテインなら消化吸収が早いので効果的にタンパク質を摂取出来ます。

 

どんな種類があるの?

プロテインには大きく分けて何種類かあります。

タンパク質であることに変わりはないのですが、原材料が異なります。

 

・ホエイプロテイン

最も一般的なプロテインで、僕もこれを飲んでいます。

ホエイは乳清というもので、チーズを製造する際に出る水分のことです。

よく目にするのはヨーグルトを食べる時に上の方に水分が溜まっていますよね。

あれです。

 

なんかキモチワルイ…と捨ててしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、あれにはタンパク質が含まれているので一緒に食べてみるのもいいかもしれません。

僕も我慢して食べてます。

 

ホエイプロテインも大きく分けて3種類あります。

製造方法の違いにより、WPC・WPI・WPHと分けられます。

その中でWPCには乳糖が多く含まれています。

牛乳を飲むとお腹を壊してしまう方は乳糖が原因で、そんな方はWPC製品は避けて下さい。

乳糖の含まれていないWPIの製品をおススメします。

 

ホエイプロテインには筋肉を増やす効果、免疫力を高める効果、ダイエット効果などがあります。

基本的にプロテインなににしようか迷っている方はホエイプロテインがおススメです。

 

・ソイプロテイン

ホエイプロテインと同じくらい知名度があるのがソイプロテインです。

ソイは大豆のことで、ソイジョイなどさまざまな大豆を元にした製品があるのでご存じの方も多いと思います。

 

ソイプロテインにも種類があります。

製造方法でSPC・SPI・大豆ペプチドに分けられます。

 

ソイプロテインにはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンに似た作用を持ちます。

そのため女性向けプロテインなどでソイプロテインが多くなっていますが、

摂りすぎには気を付けましょう。

 

詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。

大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html#q06

 

個人的な見解ですが、あえてソイプロテインを摂るメリットは少ないを考えています。

ホエイプロテインの方が優秀な要素が多いので、基本はホエイプロテインを選ぶといいと思います。

もちろん好みもあるので、ご自身でお好きな方を試してみてください。

 

・カゼインプロテイン

カゼインは乳製品の主なタンパク質で、チーズの原料です。

カゼインプロテインは吸収がゆっくりで、就寝前などに摂るといい。

などの謳い文句で販売されていたりしますが、正直疑問です。

 

カゼインの吸収がゆっくりだから長時間作用が続く。

などの研究がされていますが、個人的には怪しいものが多いのであまり信用していません。

販売されている種類も少なく、あえて摂るメリットも感じないので相当なマニアの方は選んだらいいのでは、というところです。

 

他にもPea(エンドウ豆)プロテイン、ビーフプロテイン、エッグプロテインなどの種類がありますが、

どれもまだ種類が少ない、入手し辛い、マズイなどあり一般的ではありません。

興味ある方は調べてみてください。

 

プロテインは太るの?

プロテインに対する疑問で多いのが「プロテインは飲み過ぎると太るの?」というものです。

結論から言うと太ります。

プロテイン1食分で約100kcal程度あるので、当然飲み過ぎれば太ります。

普段運動習慣がない方が食事を変えるでもなく、ただプラスでプロテインを飲めばオーバーカロリーとなり、肥満に繋がってしまいます。

一番は運動してプロテインを飲むのが理想ですが、普段の食事の量を減らして、その分プロテインを飲むなどの工夫をするのがグッドだと思います。

当たり前ですが、プロテイン以外にも糖質、脂質もしっかり摂るようにしましょう。

逆に言えば、体重を増やしたい方には有効です。

体重増やしたいけどたくさん食べれない…という方は、普段の食事にプラスしてプロテインを摂ると摂取カロリーを増やせます。

 

トレーニングする人以外にも浸透し始めたプロテインですが、万能ではありません。

あくまでタンパク質です。

上手く使えば非常に有効なものですが、何の知識もなく使うとメリットを得られないかもしれません。

もし、あなたの周りにプロテインに対して誤った印象を持っている方がいたら是非教えてあげてください。

 

「プロテイン飲んだだけじゃマッチョになんかならねーぞ!」

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!





コメント

  1. […] 【初心者必見】「プロテイン」って結局なんなの?「プロテイン」という単語を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。 最近はフィットネスブーム、健康志向の高まりもあ […]

  2. […] 【初心者必見】「プロテイン」って結局なんなの?「プロテイン」という単語を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。 最近はフィットネスブーム、健康志向の高まりもあ […]