『バナナ』って、めっちゃ凄くないですか?

栄養・サプリメント

『バナナ』って、めっちゃ凄くないですか?

 

 

ダイエットが終わってからお菓子ばかり食べて肝心の食事を疎かにしてるTakayukiです。

最近のお気に入りは、カントリーマアムのバニラとブラックサンダーゴールド。

 

 

早速ですが、みなさんバナナ食べてますか?

僕は昔からバナナが大好きで、毎日食べてます。

 

食べるようになったきっかけは、子供の頃母が「バナナは体にいいから」と毎朝出してくれたから。

その習慣が今でも続いております。

 

今朝、いつものようにバナナを食べながら気づいてしまったんです。

 

バナナの凄さに。

 

 

 

バナナの凄さ①美味しい

一番凄いところは、やはりなんと言っても「美味しい」ところ。

 

あの何とも表現し難い味…独特のまったりとした食感…

こんな複雑な感情になれる食べ物はバナナ以外にないですよね!

 

その複雑さ故、苦手な方も多いみたいですが。

 

自己主張の強いバナナは、様々なスイーツに用いられてもその存在感を失いません。

チョコバナナのようにシンプルなものもあれば、パフェでは大体紛れ込んでます。

 

それだけ愛されてる存在だということがよく分かりますね。

 

 

 

バナナの凄さ②食べやすい

見てくださいこの美しい曲線を描いたフォルム。

 

最初から人間が握りやすいよう設計されていたんじゃないかと思うほどのデザイン性。

 

果物と言うと、皮を剥くのが面倒だったりで食べるまでに余計な工程が発生するものが殆どです。

 

ですが、その点バナナは違います。

皮も簡単に剥きやすく、あのフォルムから生み出される他の果物を圧倒する持ちやすさ。

さらに、果汁も出ないので汁をこぼして手や床などを汚すこともありません。

 

食べる時にスプーンやフォークなどなくても素手でいけるのは最高ですね!

 

 

 

バナナの凄さ③抜群の栄養

バナナは糖質を豊富に含んでいます。

・バナナ可食部100gのあたりの成分

エネルギー : 86kcal
糖質 : 22.5g
タンパク質 : 1.1g
脂質 : 0.2g
食物繊維 : 1.1g
カリウム : 360㎎

 

そのうえ消化吸収も早いので、体が最も糖質を必要としている朝やトレーニング前後のタイミングで活躍してくれます。

 

朝からあまり食べれないという方でもバナナなら比較的食べやすいですよね。

 

 

しかも、バナナにはカリウムが含まれています。

カリウムには、体内のナトリウムを体外に排出する役目があるんです。

つまり、日頃の食事で塩分摂りすぎかな?と感じる方は積極的にバナナを食べることで塩分の過剰摂取への対策になります。

 

しかもバナナは1本あたりで約86kcalと、低カロリーなのも嬉しいところ。

もちろん、単に白米やパンなどと比較は出来ませんが小腹がすいた時の間食用にも抜群です。

 

 

僕はよくヨーグルトと一緒に食べます。

味の相性が抜群なのはもちろん、栄養の相性も完璧なんです。

バナナが糖質豊富なのに対して、ヨーグルトはタンパク質が豊富。

これらを合わせることで完璧な食事の出来上がりです。

是非お試しあれ!

 

 

 

以上、バナナの凄さでした!

僕のバナナへの熱い想いが少しでも伝われば嬉しいです。

 

読んでいただいてありがとうございました!



コメント