【初心者必見】『トレーニングマニュアル』これで完璧!フリーウエイトとマシンの違い

トレーニングマニュアル

フリーウエイトトレーニングとマシントレーニングって?

 

筋トレには様々な種目があります。

その際、何を用いてトレーニングするのかで大きく2種類に分けられます。

 

1つはフリーウエイトトレーニング。

ダンベルやバーベル、さらに自分の体のみで行う自重トレーニングもフリーウエイトに含まれます。

 

もう一つはマシントレーニング。

いわゆるジムに置かれている専用のマシンで行うトレーニングのことです。

 

それぞれのトレーニングでどのようなメリット・デメリットがあるのか、どんな違いがあるのか紹介していきます!

 

 

 

競技力アップ!フリーウエイトトレーニング

 

特徴

「フリーウエイト」と言うように、重りが固定されていません。

つまり、動作時の軌道に自由度があり、バランスを取る必要があります。

そのため、体を固定するために多くの筋肉が使われることになります。

さらに、日常で行う動作(立ち上がる・腰を曲げる)を鍛えることが出来るので身体能力の向上を狙えます。

 

 

メリット

・トレーニングの動作時にフォームを保持する必要があるため、体幹を始めより多くの筋肉を鍛えることが出来る。

・アスリートは自分の競技に合ったトレーニングを選択することで、競技力の向上が望める。

・多くの筋肉を使用するため、トレーニングとしての負荷も高く、心肺機能の向上も狙える。

・フリーウエイトトレーニングを取り入れることで、日常での立ち上がったり、しゃがむ動作などの体の使い方が上手くなり楽に行えるようになる。

・トレーニングの動作の軌道が自由なため、自身でアレンジが出来る。

・自身の体の重さで行えるので、自宅でも簡単に出来る。

 

 

デメリット

・重りが固定されていないので、ダンベル・バーベルなどを落としてしまったり、怪我の危険性が高い。

・トレーニングの動作時に軌道が自由なので、初心者はフォームを習得するのが難しい。

・重力の影響を受けるので、どうしても鍛えづらい箇所が出てくる。

・しんどい。

 

 

 

安心安全!マシントレーニング

 

特徴

フリーウエイトと異なり、専用のマシンで行うトレーニングです。

脚ならレッグプレスマシン、胸ならチェストプレスマシンとそれぞれ専用のマシンでトレーニングします。

さらに、軌道が決まっていて押すだけ・引くだけと体も固定されているため簡単に行えます。

 

 

メリット

・マシンの軌道が決まっているので、初心者でも簡単に行え、鍛えたい部位だけを刺激出来る。

・体が固定されていて、なおかつマシンの可動範囲も決まっているので怪我をしにくく、安全性が高い。

・フリーウエイトでは刺激し辛い箇所を刺激できる。

・重さの調整もピンの抜き差しなどで簡単に出来るので、余計な時間がかからない。

・楽ちん。

 

 

デメリット

・軌道が固定されているので、アレンジが出来ない。

・マシンの大きさによっては、体格に合わない可能性がある。

・体が固定されているので、姿勢を保持する筋肉を鍛えられない。

・フォームが間違っていても動作が出来てしまうので、トレーニングを続けているのに筋肉がなかなか成長しない。

・トレーニングの動作時の軌道も体も固定されている状況は日常ではありえないので、競技力の向上や、体の使い方が上手くならない。

 

 

 

結局フリーウエイトとマシンどっちがいいの?

 

結論から言うと、僕は断然フリーウエイトをおススメします。

 

なぜなら、マシンは日常的な動作ではないので、身体能力の向上には向いていません。

ボディビルなどの外見が評価される競技を行い、とにかく筋肉を大きくしたい、見た目を良くしたいという方向けです。

 

いくらマシンで高重量を扱えても、フリーウエイトではさっぱり。

という方も少なくありません。

 

僕もトレーニングを始めたばかりの当時はマシントレーニングばかり行っていました。

ですが、体はたいして変わらず。

思い切ってフリーウエイトトレーニングを取り入れるようになってから明らかに体が成長しました。

 

ラットプルダウンでは高重量を扱えるのに、チンニング(懸垂)は1回も出来ないなんてカッコ悪いし、トレーニングしている意味がない。

僕はそう思ってフリーウエイトトレーニングをメインで行っています。

 

マシンで腹筋のトレーニングをしている方も多いですが、フリーウエイトで高重量を扱えるようになれば自然と鍛えられます。

フリーウエイトでのトレーニングは怪我の危険性が高いのは事実ですが、適切な重量で行えばそう怪我をすることはありません。

見栄を張って無理に扱えない重量でトレーニングするのは控えましょう。

 

あと個人的な感想ですが、マシンでのトレーニングは作業っぽくなってしまってあまり楽しくないんですよね。笑

 

 

ですが、もちろんマシンにもいい点はたくさんあります。

フリーウエイトトレーニングはどうしても重力の影響を無視できません。

狙いたい部位を刺激出来ない可能性があります。

そんな時にマシンは大変便利です。

 

初心者の方や、日常的に運動をしていない方。

フリーウエイトで上手くできない方や、怪我の不安がある方などはマシンから初めてトレーニングに慣れることが出来ます。

さらに、もともと腰や膝などを痛めていて出来る動作が限られている方などはマシンならトレーニングを行える可能性もあります。

 

つまり、持病がなくケガなどをしていない方ならフリーウエイトトレーニングをおススメします。

メインでフリーウエイトトレーニングを行い、補助としてマシントレーニングを取り入れればもう完璧です!

 

 

 

まとめ

 

いろいろ書きましたが、僕の伝えたいことは

 

フリーウエイトトレーニングを積極的に取り入れよう!

 

ということです。

フリーウエイトトレーニングを取り入れることで、その効果を実感出来るはずです。

どんどん体が変わっていく楽しみを是非体験してください!

読んでいただきありがとうございました!

 

 

↓こちらもどうぞ!

【初心者必見】 おススメ筋トレ本紹介
体脂肪を落とす・締まったカラダをつくる 効く筋トレ効かない筋トレ ※こんな人におススメ! ・筋トレ初心者 ・筋トレの種目を知りたい ・筋トレのプログラムの組み方を知りたい 1冊ですべて...
【初心者必見】トレーニングギアの正しい使い方 【トレーニングベルト】
トレーニングギアとは? 簡単に言うと「トレーニングする時に用いるアイテム」です。 ウェアやシューズもそのひとつになります。 その中でも使用している人の多いトレーニングベルトの正しい使い方、使用目的を紹介していきます! ...

 

コメント

  1. […] 【初心者必見】『トレーニングマニュアル』これで完璧!フリーウエイトとマシンの違いフリーウエイトトレーニングとマシントレーニングって? 筋トレには様々な種目があります。 […]