ダイエット難民の方へ、僕がダイエットに「筋トレ」をおススメする理由。

ダイエット

担々麺は汁なし派。
どうもTakayukiです。

 

 

時代別に見る、日本人のダイエット変遷

 

「ダイエット」

この飽食の時代、この悩みを抱えてる方で溢れています。

時代によって様々な○○ダイエットが流行しました。

 

 

1970年代には、紅茶キノコダイエット、ぶら下がり健康器・ルームランナーなどホームフィットネスダイエットなど。
1980年代には、りんごダイエット、こんにゃくダイエット、卵ダイエットなど。
1990年代には、寒天ダイエット、黒酢ダイエット、ダイエットスリッパなど。
2000年代からはさらにダイエットへの関心が急速に高まり、食ではチョコレート・納豆・キャベツ・朝バナナ・夜トマト・タニタ食堂など置き換えダイエットなどが多く誕生しました。
運動系では、ビリーズブートキャンプ・レッグマジック・コアリズム・ヨガなどの健康メソッドや健康グッズが生み出されました。
2010年代からは糖質制限ダイエット・スムージー・サバ缶・塩麹・ココナッツオイルなどがブームに。
運動系では、カーヴィーダンス・ロングブレスダイエット・TRFダンササイズなどハードな運動により短期間でのダイエットなどが流行しました。

 

糖質制限ダイエットなどは今ではすっかりダイエットの定番となり、TVや書籍などで糖質制限ダイエットのレシピなどが紹介されています。

 

 

そして2018年現在、今も新たなダイエット法が生まれては消え、生まれては消え…

○○分で出来る!時短ダイエット!
○○だけで出来る!簡単ダイエット!
サバ缶でダイエット!
スクワットで痩せる!
これであなたも憧れの美脚・美尻をゲット!

などなど、ダイエットはいつだって誰にだってニーズがあるのです。

 

 

僕ももちろん様々なダイエットを試しました。

ロングブレスダイエットでフォーフォーやってましたし、
これを飲めば劇的に痩せる!と謳った明らかに怪しげなサプリメントにも手を出しました。(もちろん痩せませんでした)

 

この記事を読んでいるあなたも何か一つくらい試したことがあるんじゃないでしょうか?

 

実際、どうでしたか?

 

○○ダイエット。

痩せましたか?

 

「痩せたよ」という方もいらっしゃるハズです。
でなければブームになる訳ない。

 

では、今も体型を維持出来ていますか?

 

一時のダイエットには成功してもまたすぐにリバウンドしてしまう。

そしてまたブームのダイエットに手を出す。

 

一時期よく名前を耳にした「たった○ヵ月でマイナス○kg!」

で有名な某ダイエットジム。

多くの有名タレント達が劇的なダイエットに成功しました。

では、その中のどれだけの人が体型を維持出来ているのか?

殆どのタレントの方が華麗にリバウンドしているのが現実です。

 

 

結局のところ、継続出来なければ本当の意味でのダイエットとは言えないということになります。

 

そんなダイエット難民のみなさま!

 

断言します。

 

ダイエットに一番効果的なのは「筋トレ」でございます。

 

 

なぜ筋トレがダイエットに効果的なのか?

 

筋トレがダイエットに効果的な理由。

それは「筋肉が増える」ことにあります。

 

 

基礎代謝アップ

 

筋肉が増えることで、基礎代謝がアップします。

基礎代謝とは「何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に使われるエネルギー」のことです。

当然、このエネルギーが増加すれば1日の消費エネルギーが増えることになります。

何をしていなくとも勝手にエネルギーを使ってくれる。

つまり、太りにくく痩せやすい体になることが出来ます。

めっちゃお得じゃないですか?

 

 

 

インスリン・ヒエラルヒー

 

筋肉が増えたことによる基礎代謝の増加なんて些細なもの。

という反論が見受けられることがあります。

ですが、人の体はそんな単純ではないんです。

 

「インスリン」

 

一度は耳にしたことがあると思います。

 

では、インスリンとは何なのか?

 

インスリンはホルモンの一種で、「血糖値を下げる」働きをします。

血液中の糖分を身体の組織内に送る役目を担っています。

インスリンの働きによって、食事などで血糖値が上昇した際に血糖値を一定のレベルまで下げてくれます。

 

 

なぜインスリンが筋トレと関係あるのか?

 

それはインスリンの、糖分を組織内に送る働きがカギになります。

インスリンは血液中の糖分を筋肉・脂肪・肝臓などに送ります。

 

その際、インスリンはまず筋肉に糖分を送るんです。

そして次に肝臓。

最後に脂肪に送られます。

 

つまり、筋肉量が多ければ多いほど脂肪に糖分が送られる量が減り、体脂肪が増加する可能性が下がることになります。

これを「インスリン・ヒエラルヒー」と言います。

 

 

筋トレで筋肉を増やす
→インスリンが脂肪に働く割合が下がる
→体脂肪が付きにくくなる

 

このような流れが出来上がるのです。

 

こんなん聞いたら何でもいいから筋トレしたくなりません?笑

 

 

重要なのは筋肉を増やすことにあります。

なので、ジムで筋トレ!

だけではなくてもちろんスポーツでもOK!

 

加齢による体型の崩れの原因は、筋肉量が減り基礎代謝が落ちていくことです。

それなら基礎代謝を増やしてあげれば体型も戻っていくことになりますよね。

 

筋肉を増やす!

 

これがダイエットの一番の方法です。

 

 

僕はたまたまその方法が筋トレでした。

なのですっかり筋トレの虜です。笑

 

是非、自分に合う方法を見つけてみて下さい!

 

読んでいただいてありがとうございました!




コメント

  1. […] ダイエット難民の方へ、僕がダイエットに「筋トレ」をおススメする理由。担々麺は汁なし派。 どうもTakayukiです。 時代別に見る、日本人のダイエット変遷 「ダイエット」 この飽食の […]